韓国、SMグループ韓国船舶金融買収

SMグループ韓国船舶金融買収

大宇造船が出した35%優先交渉者に選定…STX造船保有分27%買収し、経営権確保する計画

 

SMグループが大宇造船海洋の韓国船舶金融の持分35.29%を買収するための優先交渉者になった。SMグループはSTX造船海洋が保有する韓国船舶金融27.06%も確保して過半数持分を持つ経営権支配株主に浮上する計画だ。

5日、産業界によると、SMグループは、系列会社である大韓海運などを通じて、先月2日に締め切られた韓国船舶金融35.29%の持分入札に参加し、最近、優先交渉者選定の連絡を受けて、細部の協議を進めていることが確認された。大宇造船は、構造調整のレベルで流動性確保のため、韓国船舶金融35.29%を出したのに約45億ウォンに、この持分を売却するとみられる。

韓国船舶金融の主要株主は、大宇造船海洋やSTX造船海洋(27.06%)韓国産業銀行(14.12%)水産業協同組合中央会(8.24%)韓国投資証券(8.24%)NSB(ドイツ、3.53%)パン・コンチネンタル海運(1.18%)シンソン海運(1.18%)ハンウォンマリタイム(1.18%)などだ。


PAGE TOP