現代尾浦、第1四半期末日に4隻受注

現代尾浦、石油製品船など船舶4隻の受注

欧州の船会社とMR・タンカー2隻・エチレン運搬船2隻建造契約
第1四半期4.7億ドル・11隻…業界で初めて2桁の受注記録

 

現代尾浦(ミポ)が船舶4隻を追加受注し、今年1四半期の受注実績を11隻に増やした。

今回の受注を含め、現代尾浦の今年の受注金額は4億7000万ドルに増えており、業界で初めて2桁の受注を記録することになった。

1日、トレードウィンズをはじめ、外信によると、現代尾浦造船は、ノルウェー船社であるソルバング(Solvang ASA)から2万1000トン級エチレン運搬船2隻を受注した。

今回の受注はオプション契約の行使によるもので現代尾浦は先月24日、ソルバングから同種船2隻を受注した経緯がある。

確定受注した船舶2隻は来る2019年1四半期の引き渡され、オプション契約行使によって受注した船舶は2019年2四半期と3四半期に引き渡される予定だ。

隻当たり船舶の価格は約5000万ドル水準で、現代尾浦は、ソルバングとの契約だけで計2億ドル規模の受注実績を上げた。

これに先立って、現代尾浦(ミポ)は欧州船社と5万DWT級MR(Medium Range)タンカー2隻の建造契約を締結した。

具体的な内容は公開されなかったが、現地業界ではこれらの船舶が来る2018年に引き渡される予定で、隻当たり船舶の価格は3200万ドルの水準だと見ている。

先月末4隻の船舶を受注し、現代尾浦は今年1四半期の総4億7000万ドル規模の船舶11隻を受注する成果を収めた。

単一造船所基準、二桁の船舶受注を記録したのは、現代尾浦が唯一で、現代重工業、現代三湖重工業を含めた現代重工業グループの1四半期の受注実績も15億ドル(21隻)に増えた。

 

EBN 2017.4.1
http://bada.ebn.co.kr/news/view/129668


今回の受注はオプション契約の行使によるもので現代尾浦は先月24日、ソルバングから同種船2隻を受注した経緯がある。

現代尾浦造船、2億ドル超契約受注!! 3/27にご紹介した記事のオプション契約です。

 

MRタンカーはどの会社が発注したのかは不明のようです。

ところで、紹介した記事では、現代尾浦造船の受注が好調というニュースですが、別のニュースでは、造船各社の信用格付け下方修正の発表がありました。

31日、韓国企業評価は公示を通じて、サムスン重工業、現代尾浦造船、現代重工業の信用格付けを下落すると発表した。

韓国企業評価はこの日、サムスン重工業の信用格付けを従来のA-からBBB +に、現代尾浦造船はA-からBBB +に、現代重工業はAからA-に下方修正した。 ソウル経済(韓国語)

格付けの下方修正理由は、造船業界の受注環境悪化とのこと…受注環境回復が遅れる場合は、事業の不確実性がさらに増すのでさらに下方修正の可能性もあるということです。

 

現代尾浦造船は、株価・財務状況ともに良い感じになってきているのですが、資金調達の面では条件が悪化するなど少し懸念材料が出てきたと言えます。

現代尾浦造船株価推移
現代尾浦造船株価推移 (クリックすると拡大します)

現代重工・サムスン重工業も今年の1月から株価が値上がりしております。現代尾浦造船の場合は、下手すると短期間で株価が2倍になってしまいそうな勢いです。

 

 

主な財務情報 近年の実績
2014.12 2015.12 2016.12
売上高(億KRW) 39,675 46,524 42,196
営業利益(億KRW) -8,677 666 2,075
当期純利益(億KRW) -6,793 257 396
営業利益率 -21.87 1.43 4.92
純利益率 -17.12 0.55 0.94
ROE(支配株主) -25.88 2.2 1.81
負債比率 422.36 425.27 308.54
当座比率 106.58 117.45 116.68

2015年は損益ではプラスになっていますが、営業活動CFが1兆2000億KRWのマイナスになっており、このマイナスを埋めるためにほぼ同額の借入れを増やしております。2016年は、営業活動CFが5000億KRWのプラスになっており、このプラス分とほぼ同額の借入れを返済しているため、負債比率が改善された模様。なお、2016年末現在有利子負債5兆3000億KRW…

今年の受注額が4億7000万ドルで韓国ウォン換算すると5250億ウォンになるので、単純計算するとかなり受注が少ないようですが、受注難に見舞われている造船業界の中では良い成績を挙げていると見て良いのかもしれません。

 

先月末4隻の船舶を受注し、現代尾浦は今年1四半期の総4億7000万ドル規模の船舶11隻を受注する成果を収めた。

単一造船所基準、二桁の船舶受注を記録したのは、現代尾浦が唯一で、現代重工業、現代三湖重工業を含めた現代重工業グループの1四半期の受注実績も15億ドル(21隻)に増えた。

私の認識している受注実績と異なるのです。何がおかしいのか…現代重工の受注高はもう少し多いはずなのですが、こちらの計算ミスかカウントミスか…記事の方が間違えたか…

 

世界の造船発注一覧表とかあれば良いのですが。

クリックお願いしますm(    )m


PAGE TOP