現代尾浦造船、2億ドル超契約受注!!

現代尾浦、最大4隻エチレン運搬船受注

ソルバングと2万1000㎥級の建造契約締結「1隻当たり5000万ドル以上」
今年の累計受注7隻・3億ドル…オプション契約6隻追加受注も期待

 

1万2000㎥級エチレン運搬船
1万2000㎥級エチレン運搬船

現代尾浦造船が、オプション含め最大4隻のエチレン運搬船(LEG船)の受注に成功した。

今回の受注を含め、現代尾浦造船は今年に入って総計3億ドル規模の船舶7隻を受注しておりオプション契約も6隻に達し、追加受注が期待されている。

27日トレードウィンズをはじめ、外信によると、現代尾浦造船は、この24日、ノルウェーの船主であるソルバング(Solvang ASA)と2万1000㎥級2隻の建造契約を締結した。

これらの船舶は来る2019年1四半期から順次引き渡される予定であり、現代尾浦造船は今回の受注と一緒に同種船2隻に対するオプション契約も締結した。

船舶の価格をはじめとする具体的な内容は公開されなかったが、現地業界では隻当り5000万ドルを上回る価格で今回の契約が締結されたものと見ている。

これを考慮すれば、現代尾浦造船が今回の契約とともにオプションまで受注する場合、総契約金額は2億ドルを超えることになる。

先月、現代尾浦造船はソルバングが3月までにエチレン運搬船2隻発注するかどうかを通知する条項が含まれた意向書(LOI)を締結していた。

当時、現地業界ではこれらの船舶の隻当たり価格が4700万ドル水準であり、追加される仕様により本契約締結の際、船舶価格が多少増額されるものと予想していた。


PAGE TOP