韓国、公企業3社2016年だけで損失3兆ウォン。1社は債務超過

「底の抜けたかめ」海外資源開発…石油公社など3社、昨年損失3兆ウォン

MB政府、無分別事業の後遺症が深刻…一部は債務超過状態

 

韓国石油公社と韓国ガス公社、韓国鉱物資源公社の公企業3社の昨年の損失額が3兆ウォンに迫ることが分かった。李明博(イ・ミョンバク)政府の無分別な海外資源開発事業による後遺症で、一部の公企業は債務超過になり、門を閉めなければならない危機に直面している。

ホン・ヨンピョ共に民主党議員が20日、3社から受け取った資料によると、昨年の石油公社は1兆1000億ウォン、鉱物資源公社9900億ウォン、ガス公社は6700億ウォン規模の当期純損失を記録した。ガス公社の場合、韓国国内の事業部門で収益が出たにもかかわらず、資産の評価損など9800億ウォンの海外事業損失で大規模な赤字が発生した。

2015年にも石油公社は4兆5000億ウォン、鉱物資源公社は2兆ウォンなど、史上最悪の損失を記録している。石油公社は最近6年間、海外資源の開発事業によって連続赤字を記録しており、その合計額は9兆ウォンを超える。

鉱物資源公社は2015年2兆ウォンの損失を受けたのに続き、昨年1兆ウォンに近い追加損失を被ったために、現在純資産がマイナス8408億ウォンを記録し、債務超過になった。

鉱物資源公社の昨年の損失の半分以上(5612億ウォン)が、李明博政府時に買い入れたメキシコ・ボレオ鉱山で発生した。ボレオ事業の投資額は1兆5306億ウォンだが、既に損失で処理された金額だけでも1兆5027億ウォンに達する。また、他の投資先の南アフリカ共和国アンバトビー鉱山でもこれまで総投資費のおおよそ半分の7000億ウォン以上の損失が発生した。主力事業のずさんさが鉱物資源公社を完全な債務超過に追いやったのだ。

資源公企業の成績表は、経済的な妥当性よりは海外鉱区の買収など外形拡大に重点を置いた結果がそのまま反映された。資源会社は、李明博政府以降、海外資源開発事業に計33兆ウォン以上を投資しており、14兆ウォンを超える損失を出した。しかも利益はほとんど得られず、投資金の殆どが「借金」のせいで満期まで支払わなければならない利息だけでも雪だるまのように大きくなった。

原油価格の変動と鉱物価格の下落などによって収益性改善の可能性も大きくないため、全体損失規模は20兆ウォン以上に増える可能性もあるとホン議員は指摘した。ホン議員は「天文学的不良が明らかになっていることにもかかわらず、政府は何の対策を出せずにいるうえ、国富の流出実態が隠蔽されている」、「次期政府で徹底した真相究明を通じて責任を追及して精密な構造調整案を講じなければならない」と話した。

 

京郷新聞 2017.3.20
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=032&aid=0002773675


李明博(イ・ミョンバク)政府の無分別な海外資源開発事業による後遺症で、一部の公企業は債務超過になり、門を閉めなければならない危機に直面している。

李明博元大統領のwikipediaを見る限りは、海外資源開発事業について一切言及されておりませんが、ハンギョレ新聞には詳細な記事が掲載されておりますので、興味のある方はごらんください。[李明博元大統領の資源外交について、その1その2その3]

 

次期政府で徹底した真相究明を通じて責任を追及して精密な構造調整案を講じなければならない

たしかに李明博政権の失敗だと思いますが、韓国の政治の場合、一貫性がないので大統領が変わるとそれまでの重点政策がいきなり消え去ったり、組織が変わったりするので、この海外資源開発事業についても、投資の失敗もありますが、一貫性や計画性のなさに根本的な問題があるのではないかと思います。

結局、責任を過去の大統領になすりつけ失敗を消し去って、また別の新しいことをして…の繰り返しをしているだけでまったく事業が長期的かつ巨大なものであればあるほど失敗してしまう。

 

一貫しているのは、日本に対して謝罪と賠償を求めることだけw

 

韓国人は日本は政権が変わらないことをおかしいと思っている人が多いのですが、政権が安定していないがために大事な税金を大量にドブに捨てている事案が大量にあることを考えると政権が頻繁に変わるのも問題かと思いますねー。

クリックお願いしますm(    )m


PAGE TOP