THAADのために観光街の銀行悲鳴

飲食店もサード配置による報復措置の被害をそのまま受けている。

C銀行の関係者は「毎日400万ウォンずつきちんきちんと入金をしていた明洞の飲食店のオーナーの入金額がサード配置以降300万ウォンに減らした」、「業種の区分無しで明洞商圏の売上げが30%以上減少したと見れば間違いないようだ」と説明した。

現在、明洞近隣には4大都市銀行9つの支店が運営されているという点を考慮すると、年間1900億ウォンほどの現金入金が減少するものと推算される。

明洞など主要商圏の売上が減少し、銀行界の業種別エキスポージャーにも変化があるものと見られる。ホテルㆍ宿泊業、観光業、飲食業などサードの影響を直接的に受ける業種に対する融資など金融支援の方向が状況によって調整される可能性もあるというのが銀行圏の共通の見方だ。

D銀行の関係者は「中国人への依存度が高い観光、文化、化粧品など関連業種に対するリスクの管理に入ることになる」、「融資制限など、状況によっては商人たちが困難に直面することもありうる」と説明した。

 

アジア経済 2017.3.20
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0003956597


エクスポージャー(Exposure)とは、借り手に対して供与されている信用の総額。取引行動においては市場価格が変動することで利益や損失に結びつくということを意味する。
金融・経済用語辞典

 

明洞は、韓国の有名な繁華街で韓国に旅行したことがある人は必ず立ち寄るような場所とされています。詳しくはソウルナビをごらんください。

 

石平さんのTwitterを拝見し、仁川空港のガラガラ具合をみたらてっきり中国人観光客が0になったのではないかと思ったくらいなので、平均30%減も大きいと言えば大きいのですが、思ったほどではなかったです。

中国依存の怖さはごもっともですw
他の記事に目を通しても、観光客はおおよそ50%〜60%程度減少して、売上は30%〜40%減少したという記事が複数あり、中国人観光客も団体旅行ではない中国人観光客は来ており、完全な0に近いというわけではなさそうです。

今までの売上があまりにも良すぎたと思うようにして他から集客するなど努力された方が良いかもしれません。実際、韓国の免税店は韓国人を対象にしたキャンペーンを展開するところが増えているようです。

 

クリックお願いしますm(    )m


PAGE TOP