大宇造船海洋、どうでもよいニュースを配信し始める。

大宇造船海洋は、資金繰りに窮している会社で手元に5000億ウォン(うち3000億ウォンは担保)しかないのに、4月20日頃に社債の償還4400億ウォン、7月にも社債の償還3000億ウォン、さらに11月にも社債の償還2000億ウォンあり、大ピンチなのですが、債権団はもう支援しないと宣言してしまっている手前表立って支援ができない状況にあります。

このようにピンチなので少しでも良い話題を提供したいのか意味不明な記事が2つ配信されていましたのでご紹介します。


PAGE TOP