【韓国社会崩壊】社会保険2025年には泥沼…アイゴ〜〜

8大社会保険2025年には赤字泥沼

国民年金を除く…公務員年金7兆・軍人年金2兆台赤字

 

少子高齢化の深化に来る2025年には8大社会保険の大半が財政収支赤字の泥沼に陥るものと予想された。国民の生存権を保護する社会安全網を維持するためには8大社会保険に対する大々的な手術が避けられないという指摘だ。

7日、企画財政部が公開した8大社会保険統合の中期財政推計(2016~2025年)によると、2025年に公務員年金は7兆1,000億ウォン、軍人年金は2兆6,000億ウォンの財政赤字を記録するものと分析された。健康保険(-20兆1,000億ウォン)、長期療養保険(-2兆2,000億ウォン)、雇用保険(-2兆6,000億ウォン)なども相次いで赤字を記録するものとみられる。特に、健康保険は来年から赤字に転じ、6年後の2023年、長期療養保険は3年後の2020年に積立金が底をつくものと予想され、赤信号が灯った。

8大社会保険の財政赤字幅が広がるのは受給者と受給額増加のためだ。保険料収入より支出の増加速度が速まり、財政収支の赤字幅を増加しているという分析だ。政府は今回の中期推計をもとに社会保険の再編に拍車をかける計画だ。

ソン・オンソク企財部2次官は「少子高齢化で社会保険の中長期財政危険性が高まっている」、「国民的合意を通じて韓国の特性に合った福祉体系を新しく構築する必要がある」と話した。

 

ソウル経済 2017.3.7
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=011&aid=0002987676


8大社会保険の財政収支の資料が別の記事にあったので、ご覧いただきます。

韓国社会保険収支
韓国社会保険収支
クリックすると大きくなります。
見難くて申し訳ございません。

 

特に、健康保険は来年から赤字に転じ、6年後の2023年、長期療養保険は3年後の2020年に積立金が底をつくものと予想され、赤信号が灯った。

積立金が底をつくということは、税金で補填するなどの必要があるということなので、やはり対策は根本的な対策は必要だとお思います。

支出はおおよそ予想できるということで支出についてまとめた記事を続けてご紹介します。


PAGE TOP