韓国、窮困弁護士が不動産仲介業に参入??

路地商圏侵害議論’不動産屋弁護士’営業できないのか

政界、弁護士仲介して法案発議など制限の動き
安い手数料の向上声も

 

いわゆる’不動産屋弁護士’と呼ばれるトラスト不動産(※サービス名です)が再び熱い話題として浮上する兆しだ。

弁護士たちが運営するトラスト不動産は’最大99万ウォン’という低廉な仲介手数料で、実需要者たちの間で口コミによって成長の道を走っている。しかし、政界はもちろん、不動産業界でこれに歯止めをかけ、再び双方間の熾烈な神経戦が繰り広げられるものとみられる。

7日、政界や関連業界によると、不動産仲介業務専門のローファームのトラスト不動産の仲介サービスを「不法」と見做し、これらの仲介行為を制限するための動きが広がっている。


PAGE TOP