中国人も損していることをせっせと報道する韓国マスゴミ

開店休業に出物・廃業まで…中国人観光客途絶えた済州投資、中国人たち不満の声

団体観光客対象中国資本旅行会社・免税店・宿泊・飲食業、次々と直撃弾
先月から減少したが、15日以降、全て予約キャンセル…追加予約は事実上’0′

 

済州市中心部にある70の客室があるホテルのロビーは7日、行き来する宿泊客がなく火も消えたまま、物寂しい雰囲気だった。

このホテルは2012年中国系資本が買い入れ、中国人団体観光客を主な客とした。

中国現地の旅行会社各社が済州に団体観光客を送り、このホテルを宿泊施設に指定し、連日好況を享受した。

チェジュ島
新しい建築主が建物を新築するため営業中止する旨の告知を掲示

しかし、THAAD配備に向けて国防部とロッテが敷地交換契約を締結した直後の今月初めから雰囲気が完全に変わった。

済州を訪れる中国人観光客が減り、営業に支障を生じ、「韓国団体観光全面禁止」という中国政府の指針が伝えられた今は事実上「開店休業」状態になった。

このホテルは全面禁止時期といわれる15日から今月末まで1日に3件ほどの事前予約すら全てキャンセルされ、中国人観光客が途絶えた。

このためにホテル側は、事実上、14日まで営業をして以降は廃業せざるをえない状況だ。

このホテルの関係者は「中国人観光客を中心に営業していたのに、急に韓国人客を対象に営業を転換する準備ができていない」、「14日まで予約客がすべて宿泊すると、当分、閉店の予定」と話した。


PAGE TOP