中国、韓国製品不買運動にフランス企業も参加!!!韓国で不買運動は無理w

中国の外資企業まで’韓国製品不買’・・・フランスのカルフール加勢

2008年の不買運動の経験した後、先制措置に出る

 

THAAD朝鮮半島配置で発生した中国消費者たちの韓国製品の不買運動の影響が中国に進出した外資企業に広がっている。

6日、中国流通業界によると、北京に進出したフランスの大手流通企業のカルフールが市内の12の支店で韓国産製品の納品を受けないことがわかった。

現地の流通会社の関係者は「カルフール購買担当者から牛乳など韓国産乳製品をこれ以上は納品を受けないと知らされた」、「購買担当者は、具体的な理由に関しては説明しないまま、上層部の指示に従った処置だと説明した」と明らかにした。

カルフール側は流通期限が短い乳製品の購買の中止を皮切りに、他の韓国産の製品はいずれも購買を中断する計画であることが分かった。 また、他の業界関係者は「カルフールの購買担当者は、牛乳だけでなく、現在残っている在庫が全部消尽されれば、韓国産製品に対して追加注文はないだろう」とし、「乳製品の他の韓国製品もカルフールの納品が中止された」と伝えた。


PAGE TOP