韓国、10兆規模の通貨スワップ締結…

韓国とインドネシア、10.7兆ウォン規模の通貨スワップ3年延長

韓国両者・多国間通貨スワップ規模の計1222億ドル

 

韓国銀行が6日、インドネシア中央銀行とウォン/ルピア通貨スワップを3年延長する契約を締結した。

両国の通貨スワップの規模は100億ドル(10兆7000億ウォン/115ルピア)で以前の契約と同様である。契約有効期間は2020年3月5日までだ。

韓銀の関係者は「今回の通話スワップの延長契約で両国間の貿易促進及び金融協力が強化されると期待する」と明らかにした。

通貨スワップは、両国通過を予め約定した為替相場に従って交換できるもので外貨流動性危機の際に活用することができる。

例えば、今回の契約通りなら、韓銀が必要な時にウォンを預け、それに相応するインドネシア・ルピアを借りて使うことができる。


PAGE TOP