釜山、慰安婦像近辺はゴミの山

極端に突き進む「少女像の争い」…積もっていくごみ

釜山東区日本領事館前’平和の少女像’周辺がゴミ捨て場を彷彿させているが、東区庁と警察は中立を守るという理由で傍観している。

5日、釜山同胞運動本部などによると、昨年1月から少女像周辺に’日本を愛せよ’と書かれた紙と一緒に廃家具など各種のゴミがたまっている。少女像を設置した市民団体の会員がゴミを片付けても、少女像撤去を主張する人たちがまた持っておくことが繰り返された。

東区庁と警察は少女像推進委員会が昨年末、少女像を建設し、周辺にその旨を知らせる垂れ幕を多数掲げたのも違法であるため、少女像に反対する側だけが制止することはできないという立場だ。

釜山慰安婦像
自転車をプレゼントされた慰安婦像

その間に少女像反対側の行動が次第に過激化し、両国間で暴力事態に飛び火する可能性もあるという懸念が提起されている。

この3日午後10時20分ごろ、身元が確認されていない男性2人が「少女像を移転しろ」という宣伝物とごみ袋を少女像周辺街路樹や街灯にべたべたぶら下げて廃家具を捨てた。

少女像のパトロール活動をする金某氏(68)氏が彼らの車両番号を撮った。彼らは、金氏を囲んで写真の削除を要求し、金氏が逃げると、車で20分間追撃した。

4日午前零時ごろには誰かが少女像に錠のついた自転車を縛って消えた事件もあった。ごみの山には黄色いテープが張り巡らされたまま「無断で侵入すれば、(財)の損壊罪で警察に告発する」という警告文がついた。周辺には「朴槿恵(大統領)復活させよう」という文句やマスコミなどを非難する書き込みが書かれた紙が貼られていた。

我慢できなくなった釜山同胞運動本部の会員たちは5日午前、切断機で少女像に縛られた自転車錠を切断して、自転車をゴミの山へと移した。

警察関係者は「4日午前零時ごろ、少女像周辺に自転車などを持ってきて置いているという報告が上層部に上がったものの、ごみ無断投機などの取り締まりは自治体がやるべきことであるため、制止しなかったと聞いている」と話した。

同関係者はまた「少女像をめぐり賛否両方があり、中立を守らなければならない警察が一方の立場に立つことができない」と明らかにした。

東区役所は少女像、賛否両方がいずれも自主的にして不法宣伝物などを撤去しなければならないとし、ゴミの山を放置している。少女像周辺に案内板を設置し、すべての不法宣伝物を撤去しようという市民団体の提案には答えを出していない。ただ、6日、少女像の近くに閉鎖回路(CCTV)を設置することにした。

 

世界日報 2017.3.6
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=102&cid=1057783&iid=49414402&oid=022&aid=0003152132&ptype=052


慰安婦像は、花やマフラーだけでなく、自転車までプレゼントされてうらやましいですね。そのうち自動車もプレゼントしてもらえるかもw

 

結局、不法に設置したのだから、それを撤去すれば元に戻るのですから、慰安婦像を設置した側が自主的に撤去すれば良いのではないかと思いますが、韓国の反応は…。そんな意見を言う人は当然0人。

ゴミを置いたり、自転車をプレゼントしている人は、韓国ではかなり少数派なのでしょうね。

 

とっとと慰安婦像を撤去しろと思う方は、
こちらのクリックをお願いいたします。

 


PAGE TOP