韓国、家計だけでなく、企業への融資も二極化…

企業融資の二極化…大手企業は銀行融資返済に中小企業は2金融圏への依存

昨年大企業銀行の貸出金、歴代最大規模減少
中小企業2金融圏から借りたお金20兆増えて80兆突破
長期不況を迎え、企業貸し出し市場でも両極化現象が起きている。

大企業は投資縮小と内部留保金の増加で外部資金需要が減少し、銀行からの借金を史上最大規模減少させたが、中小企業は、銀行融資も不足して2金融圏の資金に依存している。

5日、韓国銀行統計によると、昨年末現在、銀行の企業向け貸出金残高773兆9604兆ウォンで1年間で23兆8565億ウォン増えた。

銀行が企業に貸した金は毎年着実に増加傾向を見せたが、企業の資金需要に応じて年間の増加幅は大幅に変わった。

昨年の増加規模23兆8千万ウォンは2015年の増加規模49兆9992億ウォンの半分にも及ばない水準であり、2010年(11兆1234億ウォン)以来6年ぶりに少なくともを記録した。


PAGE TOP