韓国産業銀行、構造調整火の粉に昨年3兆ウォンの赤字

産業銀行、構造調整火の粉に昨年3兆ウォンの赤字

 

大宇造船の持分の価値の下落および引当金積立などで構造調整に5兆ウォン以上投入

KDB産業銀行が造船・海運の構造調整の余波で昨年約3兆ウォンの当期純損失を記録した。保有中の大宇造船海洋の持分の価値下落と構造調整企業引当金積立などによって、昨年より1兆ウォン以上増えた赤字を出した。

3日、金融界によれば、産業銀行の昨年の当期純損失が約3兆ウォンと暫定集計されたものと把握された。1998年の通貨危機後の最も大きな赤字だった2015年の当期純損失約1兆9000億ウォンよりも拡大した。

赤字がこのように拡大したのは造船業と海運業構造調整の余波が続いたためだ。まず、産業銀行の子会社の大宇造船だけで3兆ウォン以上の損失が発生した。

産業銀行は昨年末、大宇造船に追加資本拡充を断行した。そして、49%だった持分率が79%に拡大した。持っていた持分の価値はさらに下落した。同時に、昨年末、資本拡充前に実施した6000万株の無償消却などで損失が生じた。同時に大宇造船に対し、引当金も増やした。大宇造船と関連した損失だけでも3兆5000億ウォンと推算される。

さらに、昨年企業再生(法定管理)に入った韓進海運にも与信全額の9000億ウォンに対する充当金を計上した。これとともに、昨年、法定管理に入ったSTX造船海洋の影響がSTX系列会社に広がり、STX系列会社に対し、引当金積立などにも、昨年1兆2000億ウォンを使った。

構造調整企業と関連して5兆6000億ウォンの損失が発生し、産業銀行の昨年の赤字が約3兆ウォンに増えたのだ。ただ、産業銀行はBIS比率を昨年末基準15%水準で維持しており、自己資本で構造調整負担をまだ耐えられる水準だ。

 

Money Today 2017.3.3
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0003831843


2大国策銀行のうちまだ余裕があるほうの産業銀行の2016年の業績速報が出てきました。もっとひどいのかと思っていたのですが…予想よりはマシでした。

参考:韓国、国策銀行債務超過の危機…

こちらの銀行はまだまだ余裕ですから、もっといろんな企業の尻拭いをしていれば良いでしょうし、中国との関係がこのまま続けばさらに経営危機に陥る企業が増えるでしょうから、活躍の場が増えると思います。

余裕のない方の輸出入銀行の業績速報が早く出てくると良いのですが。こちらは本当に政府支援がなければもうダメのはず。

 


PAGE TOP