韓国、三跪九叩頭の礼が再びあってはならない

丙子胡乱(丙子の乱)のようにやられたらいけない…韓国経済’四面楚歌’

“丙子胡乱のようにされてはならない。”

 

丙子胡乱は根本的には明と清二つの大国間の覇権争いで始まった。

その結果、小さな国、朝鮮は’三田渡の恥辱’を経験した。

当時、朝鮮の王だった仁祖は1637年1月30日、真冬にソウル蚕室ナル三田渡で、清皇帝に三度礼をして九度頭を地面に打ち付ける’三跪九叩頭の礼’という恥辱的な儀式を執り行った。

韓国の今の状況が丙子胡乱当時と似ているという指摘が出ている。

米国と中国の覇権競争の中で韓国経済は容易な攻撃対象になっている。韓国経済の基礎体力は虚弱で消費景気は冷たく凍りついた。

このような状況でも政界は権力争いをして真剣に悩まず、国論は分裂して激しい睨み合いをしている。

 


PAGE TOP