大宇造船海洋、首輪を握ったサミル会計法人

大宇造船海洋、首輪を握ったサミル会計法人

 

大宇造船海洋の今年の運命は、サミル会計法人(※日本でいう監査法人のこと/サミルはPwCのメンバー)の手に握られた状況だ。サミル会計法人が3月中に発表する監査意見によって受注計画や今後の流動性確保計画、社債返済計画などが確定する予定だ。

大宇造船海洋は、現在サミル会計法人が要求する修正事項について調整中で、サミル会計法人の要求どおり、大宇造船海洋はそれを最大限反映して適正意見を受けるという目標だ。


PAGE TOP