韓国海運会社、中国造船会社に2億ドル相当の造船発注へ

パンオーシャン、中国造船会社に2億ドル一般貨物船発注推進

ヤンジジャン造船と6万2000DWT級の船舶7隻建造交渉
「フィブリアウッドパルプ運送目的」契約拡大するかどうかに関心

 

パンオーシャンが世界最大のパルプ生産会社であるブラジルのフィブリア(Fibria Celulose)の貨物運送に向けて、中国の造船業界に2億ドルを上回る規模の船舶発注を進めている。

2010年フィブリアと50億ドル規模の長期運送契約を締結し、STX造船に大規模な船舶発注を行ったパンオーシャンは構造調整によって契約の大半を取り消したことがある。

27日トレードウィンズをはじめ、外信によると、パンオーシャンは、中国ヤンジジャン造船(Yangzijiang Shipbuilding)と6万2000DWT級オープンハッチジェネラルカーゴキャリア(open-hatch general cargo carrier)7隻建造のための交渉に乗り出した。

これらの船舶は来る2018年から2019年までに引き渡される予定であり、隻当たり船舶の価格は3000万ドルの水準だという。

現地業界ではパンオーシャンの今回の船舶発注がブラジルフィブリアのウッドパルプ輸出に向けたものと見ている。

パンオーシャンは、2010年10月フィブリアと50億ドル規模のウッドパルプ長期運送契約を締結し、STX造船海洋に大規模な船舶発注を行った。

これによりSTX造船は5万7000DWT級オープンハッチジェネラルカーゴキャリア20隻を受注しており2年後の2012年9月、初の号線である’STXアルボレルラ(STX Arborella)’号が引き渡された。

しかし、翌年の2013年STX造船が債権団の管理に入り、20隻の船舶のうち、5隻だけ建造が行われた。

パンオーシャンも2015年に企業再生手続きに入り、契約規模は50億ドルから12億ドル水準に減少し、パンオーシャンの空席をノルウェーサガウェルコ(Saga Welco)が埋めた。

現地業界の関係者は「パンオーシャンはフィブリアとの契約を締結するかどうかに言及を回避しており、ヤンジジャン造船側も船主側の要求を理由に回答を拒否した」と説明した。

さらに、「今回の船舶発注がフィブリアのウッドパルプの輸出に向けたことが事実なら、既存のパンオーシャンの契約規模が増えたという意味に解釈される」と付け加えた。

 

EBN 2017.2.27
http://www.ebn.co.kr/news/view/878904


パンオーシャンは、以前はSTX造船の子会社扱いの企業でしたが、2015年に別の会社に買収されて完全にSTX造船とは関係がないので、2010年に発注した話と今回の発注推進の話を関連づけて良いものなのかちょっと気になります。

ちょうど、韓進海運とSM商船の関係と同じようなイメージです。完全に別。ただ、パンオーシャンは名前が同じ。

パンオーシャン日本法人:サイト

 

買収した別の会社は、ハリムという会社で「養鶏業」で有名な会社です。

ハリム:公式サイト(日本語)

オモニもオススメするハリムの参鶏湯(サムゲタン)

激辛料理が多い韓国料理の中で、日本人の味覚にあう韓国料理の一つだと思います。このサイトを経由してわざわざ購入される方もいないでしょうがリンクをつけておきましたw

 

昨日、現代尾浦造船が日本の福神汽船さんから受注したMRタンカーが3100万ドル前後で、この記事に載っている船は3000万ドル、タンカーと一般貨物船で用途が違いますがどうも契約金額が下に下にと向かっているような気がして、心配でなりません。

現代尾浦、2月だけで4隻の受注「3月も受注期待」

契約締結を発表したら国民から袋叩きにあうから発表ができないのでしょうか。

 

正論を述べてもろうそく民心に袋叩きにされるので何も言えない例

「これ以上、日韓関係を悪化させたくない」対馬仏像判決、韓国でも批判

この方の言う通り日本を擁護しているような発言をすれば袋叩きに遭うのがオチですからなかなか言えません。

 

最近は何かあるとすぐにヘイトと言いだす人がいて、そう言う輩に限って、相手を差別するかのような発言を連発しているからおかしな話です。○間氏…など

 

 


PAGE TOP