サムスン電子、アメリカでの評判ガタ落ち

不安が現実に…サムスン電子米国内の評判’7位→49位’墜落

 

サムスンのアメリカでの評価ランキング推移(ハリーポール社)

 

財界の不安が現実となっている。

韓国代表ブランドであるサムスン電子のグローバル企業評価が垂直落下している。一次的には昨年8月に発生したGalaxy Note7発火問題が原因だ。ここに『チェスンシル問題』と関連したサムスン報道も一役買った。今後、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の拘束問題まで反映されれば、サムスンのグローバルイメージ墜落が加速するものと思われる。

20日、米国の世論調査会社ハリーポール(Harris poll)が発表した’2017年、米国内の企業評価指数’調査で、サムスン電子は49位を記録した。昨年7位から42段階下落した。アマゾンが昨年に続き、1位をキープし、食料品チェーン店のウェグマンズが2位となった。サムスン電子のライバルであるアップルは5位だった。

サムスン電子は2014年7位、2015年3位、昨年7位など3年連続’トップ10’に入った。すべて80点以上をもらって、’Excellent’評価を受けた。 今年は75.2点にとどまった。サムスン電子は昨年評判を最も落とした企業を挙げる調査でも3番目(5%)だった。

ハリーポールの調査は、米国消費者2万3000人あまりを対象に昨年11月29日から12月16日の間に行われた。サムスンがチェスンシル問題に関与したという主張が集中提起された時期と一致する。

イ副会長は、昨年11月12日、検察特別捜査本部の取調べを受けた。サムスン電子がチェスンシル氏の娘チョンユラ氏の乗馬訓練を特恵支援したという疑惑が国内外のマスコミを通じて連日浮き彫りにされた。国内外に生中継された12月6日、国会の国政調査聴聞会は、事実上’サムスン聴聞会’として行われた。米国CNNと英国BBCなどの外信は韓国の類を見ない大企業のトップ聴聞会のニュースを主要ニュースで報じた。

ハリーポル調査の回答者は、企業名声の最も大きな危険要素(複数回答)でリーダーの不法行為(85%)を挙げた。サムスンとしてはまだ容疑が確定していないが、すでにグローバル企業評価で厳しい代価を払っているのだ。ソ・ヨンク淑明女子大学経営学科教授は「Galaxy Note7発火のような製品の欠陥は他の製品で評価を回復させるチャンスがあるが、オーナーの拘束がブランド評判に及ぼした悪影響は挽回することは難しい」と指摘した。

国際信用格付け会社も同日、慎重な見方を示した。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はイ副会長の拘束について、ひとまず「サムスン電子の格付けに及ぼす影響はない」と前提した。しかし、李副会長の拘束が長くなって長期間のリーダーシップの不在が続けば、サムスン電子の評判やブランドイメージに否定的影響があるだろうと警告した。S&Pは「買収合併のような重要な戦略的意思決定が遅延しかねない。電子産業の早い変化周期を考慮した場合、長期的にサムスン電子の競争力低下につながることになるだろう」と指摘した。

イ副会長の逮捕以降、非常経営体制に突入したサムスングループは22日に予定されていた水曜社長団会議を取りやめることにした。水曜社長団会議は毎週水曜日、サムスン系列会社の社長たちが一堂に会して新事業・懸案についての講演を聞いて議論する場で、イ・ビョンチョル会長時代から続いてきた伝統だ。サムスンの関係者は「来月1日も休みの日なので開かない。今後もしばらく開催は難しいだろう」とした。

 

東亜日報 2017.2.21
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=020&aid=0003043872


Galaxy Note7の発火問題だけでなく、ハリーポールという調査会社の調査期間中(11/29〜12/16)の12/6に韓国で財閥公聴会を開催して、サムスンの疑惑が世界中に報じられたからサムスンの評価が落ちたと言いたいようです。

どちらでも良いですが、韓国では前科者が財閥企業代表にはウジャウジャいるのですから、それほど気にしなくても良いかと思いますけど。
この記事に対する韓国の反応ですが・・・

  • 対外信頼度を向けて「財閥はどのような罪を犯しも処罰できない」という法を作らなければならないのか? ・・・ごみ記者。
  • こんな新聞(東亜日報のこと)は、国家の敵である。記者は売国奴だ。昨年11月29日~12月16日の調査なのに特検と巧みに関連づけさせようとしている。 (※サムスン家の次女の婿殿は東亜日報元会長の息子で、兄が現東亜日報社長)
  • サムスンへの忠誠競争が目障り
  • 世論誘導式の言論プレー本当に多いね。(歴史認識の誘導プレーも多いからw)
  • 不道徳なイ・ジェヨンの封建的なサムスン経営権について、韓国は深刻に悩まなければならない金正恩の世襲が怪異であればイ・ジェヨンの世襲も当然疑問視されなくてはならない。

このように大変厳しいものになっていますが、このニュースは現代自動車の件とは違い、どの報道機関も取り上げているのでマスコミの衝撃は大きいのでしょう。

国民日報だけが頑張って報じる問題:現代自動車、自動車に家電用半導体を搭載して販売…

現代自動車は不具合が多すぎて、今更何をやっても記事にしてもらえないから、プレスリリースを記事風に書いてもらうしかマスコミに取り上げてもらえないのでしょう。

 

 


PAGE TOP