アメリカ、韓国製合成ゴムに最大44%反ダンピング関税賦課

トランプ韓国バッシング開始、韓国製合成ゴムに最大44%反ダンピング関税賦課

LG化学、錦湖石油化学、米国輸出への打撃

トランプ大統領

米国政府が韓国製合成ゴムについて最大44%の反ダンピング関税を賦課することにした。米国がドナルド・トランプ大統領就任後、主要貿易赤字国である中国と日本に連日貿易圧力を加えている状況で、今回の措置をきっかけに韓国に対しても、本格的な通商圧力に乗り出しかねないという懸念が出ている。

18日、産業通商資源部と米国内の消息筋によると、米商務部は最近、韓国製乳化重合スチレン・ブタジエンゴム(E-SBR)に対する反ダンピング関税を課すと予備判定した。

今回の措置は、昨年7月、米国のライオン・エラストマース(Lion Elastomers)とEWコポリマー(East West Copolymer)など化学業界が米国国際貿易委員会(ITC)と商務省(DOC)に韓国をはじめ、ブラジル、ポーランド、メキシコ産E-SBR対して反ダンピング提訴を提起したことによるものだ。

E-SBRは合成ゴムの一種で、大半がタイヤ生産に活用される。現在、韓国企業のうち、米国とE-SBRを輸出する企業はLG化学と錦湖(クムホ)石油化学が挙げられる。米商務省の決定でLG化学は11.63%、錦湖石油化学は44.3%のダンピング関税が課される予定だ。これによって、韓国国内の石油化学企業の対米輸出への打撃が避けられない見通しだ。米国企業は、ブラジル(59.3%~69.4%)とポーランド(40.4~44.8%)、メキシコ(23.2%)についてもダンピング関税賦課を要請した。

政府は、米国の通商圧力が鉄鋼や電気電子製品など韓国の企業が輸出する他の製品に影響を及ぼすかについて綿密に把握している。政府関係者は「予備判定とまだ法律的に反ダンピング関税が適切かどうかについて争う余地はある」、「状況を注意深く見ている」と伝えた。

 

ソウル経済 2017.2.18
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=011&aid=0002977079


乳化重合スチレン・ブタジエンゴム(E-SBR)とは何かさっぱりわかりませんでしたので、調べて見ました。

E-SBRの用途など:サイト(日本ゼオン様サイト)

日本ゼオン様サイトを拝見しましたが、結局、タイヤに使うゴムなのだろうという理解しかできない頭の悪さに涙が出てきます。。。

日本ゼオン株式会社:公式サイト(乳化重合スチレン・ブタジエンゴムなら日本ゼオン)

記事を読む限り、別にトランプ大統領が就任したからというわけでもなさそうな気もしますが、記事のネタとしてはトランプ大統領を入れた方が良いのかもしれませんね。

 

ちなみに訴えた側はこちら、

ライオン・エラストマース:公式サイト(英語)
East West Copolymer:公式サイト(英語)

 

訴えられた韓国企業はこちら、

LG化学:公式サイト(韓国語)
クムホ石油化学:公式サイト(韓国語) イメージする石油化学会社ではないです…

 

訴えられたLG化学とクムホ石油化学の業績を見て見ましょう。

 

LG化学の業績:時価総額ランキング13位

主な財務情報
近年の業績
2013.12 2014.12 2015.12 2016.12 (E)
IFRS連結 IFRS連結 IFRS連結 IFRS連結
売上高(億KRW) 231,436 225,778 202,066 206,939
営業利益(億KRW) 17,430 13,108 18,236 20,052
当期純利益(億KRW) 12,706 8,540 11,485 13,270
営業利益率(%) 7.53 5.81 9.02 9.69
純利益率(%) 5.49 3.78 5.68 6.41
ROE(%) 11.39 7.31 9.18 9.86
負債比率(%) 48.79 47.79 41.78
当座比率(%) 118.91 112.91 131.5
留保率(%) 3,066.42 3,206.60 3,434.44

 

クムホ石油化学:時価総額ランキング92位

主な財務情報
近年の業績
2013.12 2014.12 2015.12 2016.12 (E)
IFRS連結 IFRS連結 IFRS連結 IFRS連結
売上高(億KRW) 51,321 47,657 39,345 39,438
営業利益(億KRW) 1,342 1,849 1,640 1,673
当期純利益(億KRW) -427 883 1,219 1,279
営業利益率(%) 2.61 3.88 4.17 4.24
純利益率(%) -0.83 1.85 3.1 3.24
ROE(%) -0.82 6.14 7.63 7.61
負債比率(%) 170.02 170.31 153.08
当座比率(%) 51.29 50.14 35.35
留保率(%) 786.24 816.79 844.13

LG化学はさすが韓国上場企業時価総額13位だけあってかなり財務状況も業績も良いです。クムホ石油化学は、この資料だけ見ると当座比率が悪化していること以外は、悪くないように映りますが…。細かく見ていくと、①クムホ・アシアナグループお約束の借金体質(グループ内ではマシです)、②何かに投資しているようで資金繰りがそれほど良くないです。

 

さすが被害者妄想国だけあってそれほど相手にされていないのに相手にされているかのように扱われたいのでしょう。

 

お願いですからこちらをクリックしてください。


PAGE TOP