韓国、飲食店のキムチ大部分『中国産』

昨年のキムチの輸入、史上最大値…飲食店のキムチ大部分『中国産』

 

昨年のキムチの輸入が史上最高値を記録した。韓国の輸出量は、輸入の10分の1にも及ばない水準だ。

18日、農林畜産食品部と世界キムチ研究所などによると、昨年、キムチの輸入量は25万3432トン(t)で前年(22万4124t)より13.1%増加した。これは規模基準で史上最大値である。

輸入金額は1億1324万ドルから1億2149万ドル(約1409億ウォン)と7.3%増加した。

止まっていた中国輸出が再開され、昨年のキムチ輸出は回復傾向を見せたが、輸入に比べては微々たる水準だ。昨年のキムチの輸出量は2万3419tで収入の10分の1にも及ばなかった。金額では、7890万ドル(約915億ウォン)を記録した。

キムチ貿易赤字額は昨年4259万ドル(約494億ウォン)を記録した。輸出額は2008年までは輸入額より多かったが、2010年逆転した後の金額がますます大きくなっている。

特に対中国貿易赤字が深刻な水準だ。昨年、対中国キムチ貿易赤字額は1億2104万ドルを記録した。対中国キムチ貿易赤字は2007年1億ドルを超え、以後、2009年を除いては継続して赤字額が1億ドルを超えている。

中国産キムチへの依存度も高まっている。世界キムチ研究所は輸入キムチが家庭用として消費されないと仮定した場合、2015年、外食・給食業者のキムチの使用量で輸入キムチの割合は54.8%に達すると分析した。

また、外食・給食業者で直接作ったキムチを除いて、商品のキムチの使用量を見る場合、輸入キムチの割合は75.9%とさらに大きくなる。

アジア経済 2017.2.18
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0003935496


金額 1tあたり
輸入 253,432t 1億2149万USD 479usd
輸出 23,419t 7890万USD 3,369usd

価格差が7倍あるのですが・・・韓国キムチは超高級品?と思ったのですが、
1kg=3.369usd・・・中国のキムチが異常なまでに安いのですね!!

日本にある韓国料理屋さんで韓国人が多いお店の場合、居酒屋さんのお通しみたいたくさんのおかずが提供されます。居酒屋さんの場合は、お通し代を請求したり、量もそれほど多くないと思いますが、韓国の飲食店の場合は違います。
お通し
巨富家(日本にある韓国料理屋さん)リンクは食べログです
千葉県市川市にあるそうですから、お近くの方はぜひw

こちらは日本にある韓国料理屋さんの写真を使わせてもらいましたが、このような感じでおかずが提供されます。しかも、これはおかわり自由で無料なのです…。(写真を使わせてもらった巨富家さんがおかわり自由かは不明。新大久保なら100%おかわり自由)

となると韓国の飲食店は日本同様に競争が激しいでしょうし、生き残りも大変ですから、何を削るかとなるとお通しのキムチとなる…。無料なのですから。
結果として、中国からキムチの輸入が増えるという韓国人からみると悪循環に陥っている。

キムチの輸入と輸出の記事をみるたびに思うのですが、キムチなどのおかずの提供をやめれば良いのではないか?と思うのですが、どうもそれは許されないらしいw ケチな店扱いされてお客様が来なくなるかららしいです。(3人にしか聞いていませんが同じ回答)

この記事に対する韓国人の反応は、飲食店への怒りになっているのですが、よくよく考えれば、無料で白菜などの野菜をたくさん食べているのですから、どこかで売り上げを増やす(料理の代金UP・客数増)か、もしくは、コストカット(仕入れを安くする)する必要が出てきますから、キムチのコストカットしているだけで、国産キムチを使うと飲食店の経営が苦しくなるのが当たり前と思わないのか?と言いたいのですが、すでに習慣として定着してしまったので変えるのは難しいのでしょう。

 


PAGE TOP