韓国、放射能汚染の福島に不定期便!!!

済州航空、福島不定期便運航…放射能議論に

 

済州航空が2011年原発事故が発生した福島にチャーター機を運航することになり会社の内外が騒がしい。

乗務員たちだけでなく、済州航空の他の路線を利用しようとしていた乗客まで放射性物質にさらされる可能性があると不安に思っているからだ。

17日、航空業界によると、済州航空は3月18日と20日、福島から仁川への不定期便を運行する計画だ。

福島にある旅行会社が韓国を観光する日本人観光客100人余りを運ぶ航空便を要請して編成されたチャーター機だ。

韓国でアシアナ航空などが就航していた福島〜仁川路線は、原発事故後、定期便が中止され、2013年まで不定期便が運行されていたが、需要が減り、不定期便も中断した。

福島路線を運航しているというニュースが伝わると、済州航空の乗務員の間で放射性物質を浴びることを懸念する声が出ている。

一部では搭乗を避けるため、不定期便を運航する日程に合せて、休暇を出さなければならないのではないかという声まで出たという。

会社関係者は「まだ搭乗者割り当てを進めている最中で、搭乗を望まない乗務員には業務を与えない」と明らかにした。

済州航空の福島の運航計画が知らされ、一部のオンラインコミュニティでは、今後同社の航空機に乗るのが不安という反応が出ている。

福島に行ってきた航空機に放射性物質が付着している可能性があり得るということだ。

済州航空

放射性物質が付着するかもしれない済州航空飛行機

 

しかし、済州航空は、このような懸念とは異なり、福島空港の放射能数値が、むしろソウルより低いという点を挙げて安全に問題はないという立場だ。

福島空港ホームページが提供した情報を見ると同日午前6時基準で、福島空港の放射能数値は0.07μSv/h(マイクロシーボルト)で、ソウル(0.09μSv/h)より低い。

済州航空の関係者は「全日本空輸(ANA)とベトナム航空など外国航空会社は現在、福島路線の定期運航を相当部分再開した状況」とし、「不定期便の運航をキャンセルする計画はまだない」と話した。

 

聯合ニュース 2017.2.18
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0009044160


この反応は、東日本大震災時の韓国の反応を見知っているものからすると理解できる反応なのです。世界の終わりかのような反応で、日本に来ていた韓国人は帰国者続出、しかも働いてもいないのに給料はよこせという…。

東京に本社を置きたくないから地方(大阪・福岡)に移そうと言い出すなどいろいろありました。結局、一時帰国していた人たちの大半が日本に戻って来て、何もなかったかのように東京で生活しているのがちょっと不思議w

某社が福岡にもオフィスがあるのも、これが原因だったりする。(韓国人界隈のウワサですが)

 

福島空港ホームページが提供した情報を見ると同日午前6時基準で、福島空港の放射能数値は0.07μSv/h(マイクロシーボルト)で、ソウル(0.09μSv/h)より低い。

実は、友人(韓国人)が結構高額の線量計を購入して、都内とソウルで測ったところ…。

ソウルの方が放射線量が多かった

と驚きの報告を私にしてくださいました。確か、震災から半年くらいしてからだったので2011年の話しになります。

 

この記事にあるように放射能に対して、異常なまでの執着を示している韓国人ですが、

韓国人はこういうので喜んでいたり、

韓国人芸人コント「日本人は放射能汚染された福島産さくらんぼでも食ってろ」 韓国メディアは大喝采

 

自国の原発から排出される放射性物質には疎いようで…。

日本ではあまり報道されない韓国の原発と放射能について

という有様なのですが、たぶん、放射性物質が付着した飛行機が韓国中を飛び回っているかとw

 

福島の旅行会社も韓国企業に依頼するなんてバカなことはやめて日本のLCCに依頼すれば良いのにwww

 

どうかクリックをお願い致します


PAGE TOP