SMグループ、韓進海運、光陽・京仁ターミナル買収

SMグループ、韓進海運、光陽・京仁ターミナル買収
釜山海運新港持分の買収も検討

SMグループが韓進海運が保有した米州〜アジア路線に続き、光陽と京仁コンテナターミナルを買収する。これによって3月から開始されるSM商船のコンテナ事業も力をもらう見通しだ。

12日、投資銀行業界によると、SMグループはSM商船を通じ、韓進海運が保有中の光陽ターミナル(100%)と京仁ターミナルの資産(85.45%)を買収することにした。SMグループの関係者は「売却側とターミナルを買収するための合意をした」、「すぐに契約を締結する予定」と話した。さらに、「京仁ターミナルは、中国と近く、光陽は米州〜アジア路線を運営するために必要な資産であるため、買収を決定することになった」と付け加えた。

光陽ターミナルは2万トン級2隻、5万トン級2隻など、計4ヵ所の接岸施設で長さ1150mの処理能力108万TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個)規模だ。2005年、韓進海運とセバンのターミナル事業部門の戦略的統合会社であるGICTが2011年3月1日から新たに発足して光陽ターミナルを運営している。

同年10月、光陽港2-1段階の埠頭に拡張移転もした。光陽ターミナルがある光陽港は中国港湾と距離が短く、北中国積み替え貨物(T/S・貨物を運送中の他の船舶や輸送機関に積むこと)の誘致に有利な最適の港湾として光陽製鉄所と大規模な麗水産業団地が産業ベルトを形成している。

京仁ターミナルは中国青島清津港と連携の積み替え貨物路線を利用した米国、欧州、中東、アジアなど多様な輸出入航路の利用が可能である。主要事業としては荷役サービス北中国沿岸サービス物流運営委託事業などがある。

SMグループは、追加的に(株)韓進が保有している釜山海運新港の持分の買収も検討中だ。韓進海運は2015年流動性確保のため、保有持分50%+1株を1355億ウォンを、(株)韓進に売却した。韓進海運や米州〜アジア路線がSM商船に編入されただけに、光陽と京仁ターミナルもSM商船に吸収されるものとみられる。

人事や組織構成を終えたSM商船は今年3月から本格的なサービスを開始する予定だ。SM商船は最近、4300TEU規模のコンテナ船舶1隻と1000TEUの船舶1隻を確保した。6500TEUの船舶を含め、今年上半期総12隻を逐次的に確保する計画だ。

2018年まで21隻のコンテナ船舶を確保して12つの路線を構築して売上1兆ウォンを達成するという目標も立てている。SMグループは大韓海運とSM商船を通じて、従来のバルク船事業、タンカー船事業のほかコンテナ事業をしたがえて総合海運企業として飛躍するという方針だ。投資銀行業界関係者は「SMグループがどれだけの資金力と買収意志を持っているかどうかがカギ」と話した。

 

edaily 2017.1.12 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=018&aid=0003724595


SM商船が用意しているコンテナ船の規模がおおよそ大型海運会社の規模とは言えないコンテナ船ですが、ほぼ新規参入みたいなものなので致し方なしでしょうか。最初10,000TEUの船舶と思って見返してみたら、1,000TEUと0が1つ少なかったです。

 

MSCも子会社がロングビーチ始め世界各国にターミナルを持っておりますし、現代商船は使うのかわかりませんがスペインのアルヘシラスターミナルを韓進海運から買収しています。日本の会社でも、日本郵船はターミナル運営をする企業を子会社にお持ちのようですから、ターミナル運営も合わせて利益を出していくというのが海運会社の経営では常識なのでしょうか?

THAAD配備のために中国からいたぶられているというのに、中国からの荷物をあてにしているのがちょっと残念ですが、SM商船(SMグループ)さんが中国からの荷物は生き残る道でしょうから、たくさんお客さんがつくと良いですね。

 

政治と経済は別だが、スワップ協定は国がやることだから政治問題だと思う方は、
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m

 

【補足・会社紹介】

セバン:公式サイト 物流の会社さんになります。

 

京仁ターミナルの位置は、仁川空港の近くなのですが、正確な場所が検索で反映しないので、おおよその場所はあっておりますが正確な場所ではないことはご了承ください。