今年に入ってからも輸出回復…10日までの輸出高前年比37.7%↑

関税庁1月1日〜10日、輸出入現況発表

昨年末から続いた輸出の好調が今年初めにも流れを続けた。

11日、関税庁によると、今年1月1日から10日までの輸出高は116億ドルで1年前の同じ期間より37.7%増えた。

輸出額は昨年9月(-5.9%)、10月(-3.2%)連続で前年比後退したが、11月2.5%、12月6.4%へ反発し、2014年10月以降26ヵ月ぶりに2ヵ月連続で増え、1月にも増加傾向を続けた。

今月1日〜10日の品目別の輸出増減額をみると、石油製品(121.4%)、半導体(40.3%)、鉄鋼製品(22.9%)で大幅に増えた。一方、無線通信機器(-25.8%)、船舶(-0.7%)などは減少した。

地域別にはベトナム(93.9%)、中国(45.3%)、欧州連合(41.2%)、日本(33.5%)、米国(16.4%)などの主要国を対象にした輸出がすべて増えた。 ただ、対中南米輸出は13.6%減少した。

 

聯合ニュース 20170110
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0008950228


ここで注目していただきたいのが、①116億ドル・②前年同月比になります。

まず、①ですが、1/10までの輸出が116億ドルなので単純計算してみると1日11.6億ドルになり、31日同じとすると月間輸出額は359.6億ドルとなります。もう少し厳密に計算しますと営業日数は7日となります。1日16.6億ドルになり、月の営業日数は春節もあり20日331.4億ドルとなります。

このように、計算してみますと331.4億ドル〜359.6億ドルとなりますが、個人的には400億ドル〜450億ドルの間になるのではないかと思っています。

次に、前年同月の輸出額は363億USDでした。下の図をご覧いただきたいのですが、輸出が極端に悪い月が去年の1月・2月になります。そのため、今年1月はよっぽどのことがない限り、プラスになっていなければ韓国経済が本格的に危険だということになってしまうだけで、こちらの記事をご覧になった方は、間違っても、韓国経済がものすごい回復とは思わないようにしてください。

日本との貿易がさらに減ってしまうのでしょうか?
どうなることやら。

頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m