慰安婦問題「道徳的優位」逆転したが、「無対応」一貫する韓国

韓、日本世論戦、無視戦略観測にもかかわらず
THAAD’外交の空白’現れる憂慮
黄代行、トランプに’当選を祝う書簡’
韓米同盟・対北朝鮮核問題協力の重要性強調

 

釜山日本総領事館前の平和の少女像(慰安婦像)の設置に対する抗議措置で、長嶺安政在韓日本大使と森本康弘釜山総領事が9日、日本に戻った。日本は韓日日本軍慰安婦の合意による「10億円(約103億ウォン)拠出」を掲げて、少女像(慰安婦像)の撤去攻勢を続けていくことになる見通しだ。慰安婦問題をめぐる両国の「道徳的優位」がもろにひっくり返った格好だ。

長峰大使は同日、出国前、金浦空港で記者団と会い、「釜山総領事館前の少女像(慰安婦像)の設置は非常に遺憾」とし、「日本で関係者との会議などを開く予定」と話した。長峰大使は11日頃、岸田文雄外相と少女像の問題などを話し合うという。長峰大使の復帰時期は決まっていないが、前例に照らして1〜2週間程度になるものと予想される。2012年、李明博(イミョンバク)大統領の独島訪問と2005年独島をめぐる対立が深刻化した当時、一時帰国していた在韓日本大使は12日間で復帰した。日本は、この期間に外務省はもちろん、マスコミなどを動員して、少女銅像(慰安婦像)の撤去攻勢を強化する可能性が大きい。

慰安婦問題の公論化直後の1993年当時、金泳三(キムヨンサム)政府が『被害者たちに対する金銭的補償は日本に要求せず、韓国政府がやる』という方針を前面に出して以降、ずっとこの問題は韓国政府が道徳的優位を確保していた。しかし、12・28慰安婦の合意によって、日本政府が10億円を拠出、これを大義名分にして日本がかえって少女像(慰安婦像)撤去を圧迫するなど、攻守関係が逆転した。

韓国政府は同日も、特に反応を示さなかった。日本の世論戦に巻き込まれる必要がないという計算とみられるが、無対応による世論悪化は負担になるだけだ。そのうえ、政府は慰安婦問題だけでなく、THAADをめぐる韓中の争い、米国行政部の交代、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射予告など全方位的な外交安保危機状況に置かれた。周辺国の激しい圧迫に原則論を再確認するやり方の事実上無対応は、国民には「外交の空白」に映る可能性が高い。

このような中、黄教安(ファンギョアン)大統領権限代行は20日、ドナルド・トランプ政府発足に合わせて当選者に’祝う書簡’を伝達する。 書簡には、韓米同盟の意味と今後発展方向や北朝鮮の核ミサイルの脅威に対する両国間の協力の重要性を強調する内容などが盛り込まれる予定だ。ただ、黄権限代行は、現段階でトランプとの電話通話は計画しなかったという。

 

ソウル新聞 2017.1.10
ttp://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=102&cid=1056942&iid=49314254&oid=081&aid=0002789047&ptype=052


契約でもなんでも自分が不利になると平等・対等など言うわりに、自分が強く言えるときは徹底的に関係をはっきりさせようとする韓国ですが、10億円の話をことさら強調していますが、『日本にとっての』大使館の安寧を保証していただきたいのですが、全くもって合意を履行したことにはならないと思うところです。

慰安婦像なのになぜ「平和の少女像」なるネーミングに変更しているのか??
仮に「平和の少女像」であるなら、なぜ像の近辺に慰安婦のことを書いた書き込みなどが存在させるのか?
なぜ平和の少女像の前で慰安婦の問題を叫び続けるのか?全く理解できません。

残念ですが日本企業は、引き上げの準備でもして欲しいところです。
あまりに甘く対応をしすぎです。

 

「平和の少女像」というネーミングはおかしいと思う方、
↓↓↓を押してくださいm(     )m