韓国、パク大統領、弾劾裁判第3回弁論期日【訂正あり】

憲法裁判所

弾劾審判3回目の弁論…午前’セウォル号7時間’・午後には安鍾範(アンジョンボム)尋問欠席

証人3人のうちチェスンシル、チョンホソン欠席…拘引の如何を決定

朴槿恵(パククネ)政府’国政壟断’問題の中心人物のうちの1人である安鍾範(アンジョンボム)(58)元大統領府政策調整秘書官が10日午後2時の弾劾審判証言台に立つ。欠席

憲法裁判所全員裁判部(裁判長朴漢徹(パクハンチョル)憲裁所長)は10日午前10時に朴大統領弾劾審判事件3回目の弁論期日を開いて、国政壟断の主犯たちに対する証人尋問を開始した。ただし、証人3人のうちチェスンシル(61)氏とチョンホソン(48)元大統領府付属秘書官は欠席して、安前首席は出席する。

憲法裁は本格的な証人尋問に先立って、チェスンシル氏とチョンホソン元秘書官の拘引の可否を決定する予定だ。

チェスンシル被告とチョンホソン前秘書官の出席とは関係なく、安前首席に対する証人尋問は予定通り午後2時実施される。

憲法裁は、ひとまず午前には大統領代理人団が提出した朴槿恵(パククネ)大統領の’セウォル号7時間行動’答弁書を検討する予定だ。

憲法裁は先月22日の弾劾審判1次準備手続期日から大統領側にセウォル号惨事当日、大統領の行跡を時間帯別に整理して答弁してほしいと要請したことがある。

安前首席はミール・Kスポーツ財団強制募金から大企業の広告・納品契約を強制するなどまで国政壟断全般に介入したという疑惑を受ける。 国政壟断による国民主権主義の違反、大統領権限の乱用、収賄など刑事法違反など、憲法裁が分類した弾劾訴追の類型のほとんどに関わっている。

2015年1月から昨年10月まで大統領の指示事項や大統領府首席秘書官会議の内容などが書かれた安前首席の業務手帳などをもとに、証人尋問が行われる見通しだ。

一方、同日の弁論は、オンライン申請(24人)と現場の申請(30人)を通じて選定された一般人の傍聴客54人が傍聴した。オンライン傍聴申請に969人が殺到するなど、朴大統領弾劾審判事件に対する熱い関心を反映した結果と解釈される。

聯合ニュース 2017.1.10
ttp://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=100&cid=1055281&iid=1163516&oid=001&aid=0008947518&ptype=052


オンライン申請に969人が殺到って、関心が全然ないと思うのですが・・・皆さんいかが思われますか?
ロウソク集会に100万人が集まったというのに、肝心の裁判は1000人にも満たない。平日なので仕事や学校がある方も多いかと思いますが、日本の裁判では・・・マスゴミがバイトを雇っていたりしますね(笑)

チェスンシルとチョンホソンは欠席ということですが、裁判長は欠席することは大統領に不利になると発言されたそうです。
イマイチ理解できませんが、成熟した韓国民主主義ですが、ほぼ人民裁判に成り下がっていて、適当な理由をつければOKという感じなのでしょうから、民心?に沿っていれば何を言っても問題ないのでしょう。

証人全員が欠席という裁判で何を審理したら良いのでしょうか。。。3名が弾劾審判を舐めているのか?それとも自分のことの方が優先だからパククネなど知らん!!と言いたいのか。。。

【憲法裁判スケジュールまとめ】
1. 準備手続期日① 2016.12.22:論点整理(5つに整理)
2. 準備手続期日② 2016.12.27:弁論期日決定など
3. 準備手続期日③ 2016.12.30:第3回弁論期日決定
4. 弁論期日① 2017.1.3:9分で終わり
5. 弁論期日② 2017.1.5:イジェマン(行方不明)、アンボングン(行方不明)、ユンチョンチュ(出席)、イヨンソン(欠席)証人尋問
6. 弁論期日③ 2017.1.10:チェスンシル(欠席)、アンジョンボム(欠席)、チョンホソン(欠席)証人尋問
7. 弁論期日④ 2017.1.12:イヨンソン証人尋問
8. 弁論期日⑤ 2017.1.19:イジェマン、アンボングン証人尋問

韓国は所詮民衆主義だという方は、
↓↓↓を押してくださいm(     )m お願いいたします。