1回韓中FTA共同委員会開催

中国国旗

9日から韓中「通商会談」突入

1回韓中FTA共同委員会、9日〜13日に北京で開催
中国に会い、企業ジレンマ通関・検疫解消’談判’
産業部「非関税障壁問題、中国に提起する」

政府が9日から13日まで、中国と韓中自由貿易協定(FTA)関連の通商会議を相次いで開く。両国貿易の苦情事項が議題に上がる見通しだ。THAAD配置の決定後、貿易報復論議が起こっている状況で、韓中政府が会うことになるため、成果が注目される。

8日、産業部によると、韓中FTA履行事項を点検し、分野別の通商懸案を議論する1次「韓中FTA共同委員会」が来る13日、中国北京で開かれる。それに先立ち、分野別履行委員会は9日、11日、12日に行われるようになる。これは、一昨年の12月に発効された韓中FTAが2年目に入り、FTA履行状況を点検する韓中政府間の初の会議だ。

具体的な議題は、分野別履行委員会において本格的に議論される予定だ。9日には関税委員会と原産地規定小委員会、11日には非関税措置の作業チーム、12日には商品委員会、サービス・投資・自然人の移動委員会、経済協力委員会が開かれる。産業部、企画財政部、外交部など14の中央省庁・自治体が参加する。

特に政府は今度に中国を会って衛生検疫(SPS)、貿易技術障壁(TBT)、通関問題を積極的に提起する方針だ。この過程で、最近相次いで浮き彫りになっているTHAAD報復論議も議題として扱われることになる。李仁浩(イインホ)産業部通商次官補は6日、記者たちと会って「議題の協議が完璧に終わったわけではない」と述べながらも、「(輸出企業の懸案である)非関税障壁を減らすことを当然中国に提起する」と話した。

先立って、中国工業情報化部は先月29日、新エネルギー自動車補助金支給車両リスト(5回)を発表して、サムスンSDIとLG化学のバッテリーを搭載した車両をリストから除外した。また、済州航空、アシアナ航空、ジンエアーなど韓国の3つの航空会社の1月〜2月のチャーター機路線を不許可したりもした。

鄭晩基(チョンマンギ)産業部1次官は5日2017年業務計画のブリーフィングで、サムスンSDI・LG電子の議論と関連した中国側について「合理的に解決するために協力と対話を継続する」、「問題があるときは対応するように国際紛争解決手続きをみる」と話した。不合理な貿易措置と判断してはWTOに提訴し、国際法上の紛争解決手続きに突入する可能性もほのめかしたのだ。

edaily 2017.1.8 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=018&aid=0003720415


まず、この会議ですが日本も参加します。

日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の第11回交渉会合(首席代表・局長/局次長会合)が開催されます

といっても韓国としては日本以上に輸出相手国1位の中国様と話がしたいだけで、ベトナムより輸出額が少ない第5位の輸出相手国の日本なんかと話をしても意味ないところでしょう。たぶん、日本も特に韓国と何か話をしたいということもないのではないでしょうか?

韓国はTHAAD配備決定後貿易で中国に以下のとおりいじめられているため、いろいろと言いたいことがあるのでしょう。

【関連記事】
中国電気自動車バッテリー認証問題:中国バッテリー認証問題(韓国のメーカーが認証されない!!)
輸入不許可問題(非関税障壁):‘冷たい’韓中FTA 1年..輸出10.9%減(輸出が増えない!!)

ところで、未だに韓流放送コンテンツ輸出1位が日本だとご存知でしたか?
韓流放送コンテンツ輸出相手国1位は?

てっきり中国かと思っていたのですが、日本もBSやVODで韓国ドラマを配信している企業は多いですからお支払いが多いのでしょうね。韓流好きな人のお金のかけ方はすごいですから。お金持ちが羨ましいです。

頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m