大韓航空、4500億規模の有償増資…負債比率900%に

大韓航空飛行機の写真

大韓航空、4500億規模の有償増資…負債比率900%に

 

大韓航空が4500億ウォン規模の有償増資を実施すると5日公示した。大韓航空は系列会社である韓進海運の不良を支援し、悪化した財務構造を改善するための増資と明らかにした。大韓航空関係者は「1100%まで高まった負債比率が900%程度に減少し、年間180億ウォンあまりの利子費用が削減する」と話した。

 

今回の有償増資で新たに発行される株式数は2200万4890株で、1株当たり発行価格は5日の終値(2万7400ウォン)基準、約25%割引された2万450ウォンと暫定的に決まった。20%は、自社株として配当(3月6日)した後、80%は従来の株主を対象に、申込(3月6日〜7日)を受け付けて、失権株が発生すれば、一般投資者の申込(3月9日〜10日)を受ける。

 

朝鮮日報 2017.1.6 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=023&aid=0003244290


大韓航空は、記事の通り韓進海運支援で財務構造が悪化していました。そのため、昨年から私募債・社債の発行を通じて資金繰りを改善させようとしていました。しかし、発行を予定していた一番大きな金額の社債(永久債)約3000億ウォンの発行に関する公示が昨年から全くされないことからしますと、永久債の発行がうまくいかなかったため、増資することにしたのではないかと思われます。

LCCの海外路線参入が続いて大韓航空の経営環境がますます厳しくなってきているようですが、乗り切ってもらいたいものです。

頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m