現代商船・長錦商船・興亜海運、「ミニ・アライアンス」締結

「HMM+k2コンソーシアム」3月に発足、新規航路の共同の開拓など広範囲な協力

現代商船が韓国国内の海運業で初めて近海の海運会社と戦略的協力体を構成する。

現代商船は船腹共有および交換はもちろん長期的に港湾インフラ共同投資、コンテナ装備共有などまで協力関係を拡大する計画だ。一種のミニ・アライアンス概念だが協力範囲が広範囲で国内海運競争力強化にある程度繋がると見られる。

現代商船は近海の船社である長錦商船、興亜海運と共に戦略的協力体である’HMM+k2コンソーシアム’を結成して合意したと3日明らかにした。

同日締結された了解覚書(MOU)によってコンソーシアムは来月、本契約を経て、3月に正式に発足する。

今回の協力は、韓国国内海運業の歴史上初めて試みられる遠洋・近海海運会社間の戦略的協力である。協力区間は、日本と中国、東・西南アジア全体を包括している。契約期間は2年で、満了後自動更新される。

現代商船は長錦商船と興亜海運が保有する韓日、韓中区間など域内営業網を自由に使用できるようになる。

近海の海運会社である長錦商船と興亜海運は、現代商船との協力で、香港およびシンガポールなど3国を経由する新規航路の共同の開拓に乗り出している。また、現代商船の遠洋航路の遊休船腹の提供を受ければ、コスト削減にも役立つものとみられる。

これらの会社は長期的に港湾インフラ、共同投資、コンテナ装備共有等で協力の範囲を拡大していく計画だ。このような構想が現実化すると、近海の船社である長錦商船および興亜海運が遠洋船会社に、体質を改善することも可能だ。

現代商船の関係者は「これらの会社が保有する営業網を利用すれば、釜山港中心の積み替え物量増大を誘導することができる」、「長錦商船と興亜海運が遠洋営業に参入できるように、共存モデルを開発して強化する方針」と話した。

news1 2017.1.3 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=421&aid=0002488273


韓進海運が存続しているときにこのような話をしていればと正直思いました。

 

頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m