現代グループ創業投資会社作る

hyeonjeong-eun

現代グループ創業投資会社作る…玄貞恩会長、私財拠出

主要系列会社少なくとも100億ウォン出資して専門投資会社設立…大企業集団から除外され規制脱皮’グループ再建の意志’
現代グループが玄貞恩(ヒョンジョンウン)会長の私財拠出と主要系列会社の出資で創業投資会社を設立する。現代グループの経営ノウハウと主要事業のシナジー効果をベンチャー投資に活用してグループ再建のための土台をつくるという意志が込められたものとみられる。

 

25日、産業界と金融投資業界によると、現代グループは、最近中核系列会社の現代エレベーターが主軸になって、創業投資会社設立を準備し、市場内の主要投資専門家に加入の提案を出したことが確認された。

 

業界に詳しい関係者は、「既存の有名私募ファンド運用会社と創業投資会社の投資及び審査役の人物たちがスカウト提案を受けた」、「創業投資会社設立は、玄貞恩会長の最側近であるH某氏が主導し、この新会社には玄会長はもちろん、現代グループ主要系列会社がほとんど参加(資本金の投資)する計画」と伝えた。

 

現代グループは系列内にシステム統合(SI)会社の現代U&Iが5億ウォンを出資して、資本金10億ウォン規模で、先月2008年に設立された現代投資ネットワークを持っている。現代投資ネットワークは資源開発や買収合併コンサルティング事業、投資諮問などを事業目的から作られたが、その間、本来の役割を果たせなかった。

 

グループ側は、この現代投資ネットワークを活用して、創業投資会社を作る案を計画している。玄貞恩会長などが追加で資金を援助し、人材を完全に刷新し、少なくとも100億ウォン以上の資本金を備えた新生創業投資会社を作るという内容だ。

 

現代グループの関係者は「現代投資ネットワークの代表取締役が最近辞職し、これまで同社が本来の設立目的に合致しないので、組織が有名無実である」、「対北朝鮮投資コンサルティングと系列会社への投資諮問事業から脱し、全く新しいベンチャー投資や私募ファンド運用会社を作る案を進めている」と説明した。

 

現代グループは今月8月現代証券が、10月には現代商船が系列会社から分離され、資産総額が12兆ウォン台から2兆5000億ウォン台に縮小した。財界30位の企業グループから事実上、主要系列会社としては現代エレベーターだけが残る中堅会社となり、地位が低下したのだ。実際に、公正取引委員会は最近、企業集団’現代’を相互出資制限企業集団と債務保証制限企業集団指定から除外した。

 

現代グループが財閥と通称される大企業集団から除外されて財界内での位置付けは落ちたが、ベンチャー企業や金融投資では、はるかに自由になった側面がある。現会長など最高経営陣は、このような脈絡で創業投資会社を皮切りに、私募ファンド運用業までまとめる専門投資集団を作る計画を立てたものとみられる。

 

他の関係者は「本格的に投資金融業を営む、有望な成長動力を模索してグループ再建に乗り出す意思があると聞いている」と伝えた。

 

Money Today 2016.12.26記事 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0003795678


現代の本家筋にあたる「現代グループ」が創業投資会社を作るというニュースになります。ネットワークを持っているのは事実でしょうが、失礼ながら現代グループに対しては、分離された企業の状況をご存知の方ならご理解いただけるとは思いますが、ことごとく事業に失敗しているイメージしか持てません。。。

ただ、何かをしようと意思をもってアクションを起こすのは良いことだと思うので成功してもらいたいものです。

 

「現代」と名のつく企業はたくさんありますが、集合離散を繰り返したグループなのでどれがどのグループかわかりにくいのですが、
こちらのサイトがわかりやすく説明されていると思いますので興味のある方は是非ご覧になってください。

エピソードは全く知らないことばかりでした(笑)

頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m