韓国産業銀行、船舶投資ファンド設立

産業銀行ロゴ

産業銀行、国内の船舶投資ために5000億ウォンファンド設立

 

産業銀行は、先週20日、長期低迷で困難に直面している国内海運と造船業関連投資活性化に向けて、未来アセット証券・マルチアセット資産運用と3者間の『KDB-未来アセットオーシャンバリューアッププログラム(Ocean Value up Program)」投資契約を締結したと21日明らかにした。

 

今回の協約は2015年3月10億ドル規模でスタートした産業銀行の船舶ファンド「KDBオーシャンバリューアップファンド」の下位プログラムと協約によって投資金5000億ウォンを産業銀行と未来アセット証券が7対3の割合で共同投資することになった。

 

「KDBオーシャンバリューアップファンド」は国内外の海運会社の新造・中古船舶の運営などを対象として、産業銀行は10億ドルのうち7億ドルを出資して主軸投資者(Anchor Investor)の役割を遂行して、海運・造船会社が戦略的投資者(SI)で、銀行、証券、保険など金融機関が財務的投資者(FI)として参加する構造だ。

 

edaily 2016.12.21記事 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=018&aid=0003707398