SKハイニックス、シーゲートと合弁会社設立か?…SSD市場攻略

SKハイニックスロゴ

SKハイニックス、シーゲートと合弁会社設立か?…SSD市場攻略

SKハイニックスが米国のハードディスク製造メーカーであるシーゲートと手を握って法人設立を推進する可能性が出てきた。次世代保存装置として注目されるソリッドステート・ドライブ(SSD)市場を攻略する目的と思われる。
SKハイニックスは14日「中長期NAND Flash事業競争力の強化に向けてシーゲートと合弁法人の推進を含めた多様な方策を検討中であるが、現在まで確定した事項はないと公示した。

 

前日、台湾のIT専門メディアのデジ・タイムズはSKハイニックスとシーゲートがエンタープライズサーバーとデータセンター向けSSD開発のため、合弁法人を設立すると報道した。

 

SSDは電源を切ってもデータが保存されるNAND Flashメモリーを基盤としているコンピュータの記憶装置(ストレージ)だ。

 

従来のHDD(ハードディスクドライブ)よりデータ読み書きが速く、電力消耗も少ない。ビッグデータ・クラウドサービスの拡大により大容量データ・コンテンツ消費が増加し、SSD需要が増えている。

 

SKハイニックスは3D NAND技術を適用した高性能SSDを成長エンジンとして目星をつけて研究開発と生産、投資を集中したが、競争力確保に苦戦してきた。

 

合弁法人が設立されれば、SKハイニックスのNAND Flash技術力とシーゲートのコントローラーとファームウェアなどソフトウェア(SW)技術力が合わさって、シナジー効果を出すだろうと観測される。

 

メモリー半導体業界2位のSKハイニックスはNAND Flash市場では、サムスン電子、東芝、マイクロンに押され、4位に止まっている。

 

デジ・タイムズは、ハードディスク会社ウェスタン・デジタルがNAND Flash会社サンディスクを買収後に急成長した点を挙げて”SKハイニックスとシーゲートも同じ道を歩むことができる”と期待感を示した。

 

聯合ニュース 2016.12.14記事 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0008890749


最初の数行でヤラレたと思ったのですが、勢いに任せてご紹介。本当に合弁会社を作って、サムスンに追いつけると良いですね。その前に東芝がいますが・・・。半導体メーカー2社は本当に良い話が多いですね。

 

SSDとは?:バッファロー様サイトへ(HDDとSSDの違いがわかりやすく説明されています!!)

 

SK Hynix:公式サイト

シーゲート:公式サイト

 

ニュースが引用していた『デジタイムス(Digi Times)』

調べてみたところ、中国語と英語のサイトがあり、リンクは英語のサイトをつけておきました。

中国系・台湾系のIT系企業?の情報が英語で紹介されている貴重なサイトです!!

頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m