現代重工業、2兆ウォン台の工事解約通知受ける

現代重工業ロゴ

現代重工業、2兆ウォン台の工事解約通知を受け、…”損失ない”

 

現代重工業はシェブロン(Chevron North Sea Limited)から2013年に結んだFPSO(浮体式原油生産・貯蔵・荷役設備)1期工事契約解除の通報を受けたと14日公示した。

 

契約金額は2兆1千億ウォンだ。

 

会社側は”私たちの帰責事由がなく、契約解除による損失はない”、”発注先の作業の承認を受けた設計の工程と関連された費用は全額集金完了した”と説明した。

 

聯合ニュース 2016.12.14記事  ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0008890629


先日、契約無期延期のアナウンスがあったシェブロンとの契約が結局解除されてしまいました。金銭的な損失がないということで何よりです。

参考記事:現代重工業、2.1兆ウォンのプラント契約無期延期

ところで、もしご存知の方がおられましたらご教示いただきたいのですが、クラークソンで毎月各国の造船受注残高が発表されますが、この受注残高がいつを起点にして発生するでしょうか?

 

①契約締結時に受注残高発生:今回の取引は金銭的な損失はないですが、受注残高は減少

②実際に造船開始時に受注残高発生:今回の取引では設計はしたが、作っていないため受注残高に変動なし

 

どちらかになるのではないかと思うのですが、②にした場合、クラークソンの方でどのように残高を確認しているのか想像もつきません。

頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m