検察「朴大統領第3者わいろ授受疑惑、特検の追加捜査必要」

パククネ画像

検察「朴大統領第3者わいろ授受疑惑、特検の追加捜査必要」

 

「キムギチュン・ウビョンウ疑惑も特検追加捜査すべきだ…捜査記録・証拠資料引き継ぎ」

 

『チェスンシル国政壟断疑惑』を捜査する検察が朴槿恵(パククネ)大統領の第3者賄賂授受疑惑に対する追加捜査の必要性に言及した。

 

検察特別捜査本部(本部長李ヨンヨル、ソウル中央地検長)は11日に最終捜査結果を発表し、「該当疑惑を調査した結果、追加捜査が必要だと考え、パクヨンス特別検事チームに捜査記録と証拠資料を引き渡した」と話した。

 

検察が収賄罪の適用如何と関連して調査した疑惑は①サムスングループの『チェスンシル-チョンユラ親子特別恩恵支援』 ②ロッテグループに対するKスポーツ財団の追加の拠出強要 ③SKグループに対するKスポーツ財団の追加支援要求の大きく三つだ。

 

検察はこれに関連して、先月末、三大企業とともに国民年金公団、企画財政部、関税庁、文化体育観光部などを全方位で押収捜索して関連資料を確保した。また、関連企業トップや公務員を呼んで調査してきた。

 

パクヨンス特検もすでに朴大統領の賄賂罪の適用の有無を集中的に捜査するという立場を明らかにした状態だ。パク特検は特にミール・Kスポーツ財団に対する大手企業の拠出金774億ウォン全てを対象に賄賂罪の適用を前提に捜査する可能性も開いている。

 

検察はチェスンシル氏庇護疑惑を受けたキムギチュン元大統領府秘書室長、ウビョンウ元民政首席秘書官なども追加の捜査が必要だと結論を下し、捜査記録と証拠資料を特別検事チームに引き渡した。

 

チェスンシルの娘チョンユラの梨花女子大学特恵入学・学士壟断疑惑、朴大統領の注射剤代理処方疑惑関連資料も特別検事チームに提供している。

 

翻訳元記事:聯合ニュース 2016.12.11記事 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=001&aid=0008882510


検察では全て捜査することができなかったため、特別検事チームが今後収賄罪についての捜査をすることになったという記事になります。

今回、パククネ大統領が被疑者として立件されている内容としては、ククネ大統領、容疑まとめをご覧ください。

検察の捜査結果発表後の懇談会詳細記事は、こちらをご覧ください。

頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m
頼むから↓↓↓を押してくださいm(     )m