現代車THAAD逆走…中国で3年連続公益事業1位

現代自動車

現代自動車THAAD逆走…中国で3年連続公益事業1位

 

THAAD配置問題で中国の反韓感情が高まるなかで現代自動車グループが中国で3年連続公益事業1位の自動車企業になった。

現代自動車グループは中国社会科学院の企業、公益発展評価で3年連続の自動車企業1位に選定されたと11日明らかにした。

現代自動車グループは、今回の評価で全体企業順位では3位となった。これは現代自動車グループが中国に進出して以降最も高い成績だ。

中国社会科学院は、企業の社会的責任履行と社会貢献活動を評価する中国内の最も権威ある機関だ。

 

中国社会科学院は先月10日、国有企業100社、民営企業100社、外資企業100社など、計300社の今年の社会貢献活動を評価した企業、公益発展指数を発表した。

その結果、現代自動車グループは中国内の社会問題解決に継続的に参加した功績が認められ、「企業、公益発展指数」の発表が初めて開始された2014年から今年まで3年連続で自動車企業1位になった。

全体順位は2014年17位から昨年5位に上昇し、今年は3位に急上昇した。

 

現代自動車グループは内モンゴルの砂漠化を防止する「現代グリーンゾーン」事業、災害や貧困地域の住宅再建事業である「起亜家庭」事業をそれぞれ9年、8年間運営している。交通安全意識の向上のための「起亜・キッズオートパーク」、中国・世界文化遺産保護活動など社会貢献事業も地道に行っている。

特に、内モンゴルの砂漠化防止事業の場合気候変化などの影響で砂漠化された地域に現地の環境に適合した在来植物を播種しており、緑地化した功労を認められ、中国社会科学院が選定する「ベスト50公益ブランド」で、昨年に続き2年連続3位に上がった。

現代自動車側は「これからも韓中経済協力を代表する企業として中国人たちのたゆまぬ愛を受ける企業になるよう最善を尽くす」と感想を明らかにした。

 

翻訳元記事:ヘラルド 2016.12.11記事 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=016&aid=0001167037


現代自動車は4つ、起亜自動車は3つ中国に工場を持っており、中国の工場は欠かすことのできない位置付けにあると思われます。そのためにこのような社会活動をされているのでしょうか。韓国の反応は・・・「韓国でもやれ」という内容で溢れています。。。。

実は、以前、社員の福利厚生設備を建設したのですが、それに対する固定資産税を全く払っていなかったということが判明しており、顰蹙を買っています。。。住民も使うなど言い逃れをしていましたが・・・。