【韓国経済】2M、現代商船に事実上の従属関係要求か?

2M、現代商船に事実上従属関係の要求…不便な同居予告

“船隊増やしてはいけない”意地悪。チキンゲーム勝つために犠牲を要求
時期的にTHEなど他のへの加盟も不透明

現代商船が2Mと海運アライアンスへの加盟交渉を終えることができず、業界の憂慮が高まっている。チキンゲームを繰り広げている最大の海運アライアンスが現代商船を事実上人質に取っておいて成長を抑制しようとする意図を露骨に見せているからだ。他の代案もない時点で現代商船と2Mとの同居が不可欠だが、長続きしないだろうと業界は見込んでいる。

 

◇”船隊拡張するな”…2M、現代商船に事実上従属関係を要求

離合集散を通じた再編過程を経た各海運アライアンスは来年4月から共同運航に突入する。業界では、少なくとも3~4ヵ月前にはアライアンスへの加盟を終えて船腹共有などの正常営業が可能だと指摘している。デッドラインは、切迫して来るが、現代商船の2Mへの編入は依然として五里霧中だ。

613隻の船団を従えるマースクの取扱量は318万TEUに達する。世界2位MSCは493隻に281万TEU規模で、2Mの市場占有率は全世界の3分の1に達する。一方、現代商船は63隻に45万TEUで2社の7分の1程度だ。2%前後のシェアの現代商船が海運恐竜2M間で自己主張が難しい構図である。

特に2Mは、現代商船に船腹量維持ないしは縮小を要求しており、交渉が難航している。韓進海運清算後の政府支援の中に船舶ファンドなどを利用し、船隊大型化を推進する現代商船としては受け入れることのできない条件だ。

マースクは、現在38万TEU規模のコンテナ船28隻を追加注文しており、MSCも34万TEU規模26隻の船を引き渡される予定だ。両大海運会社の追加導入の船腹量だけでも現代商船総量に近い数値だ。2Mが自分たちは規模をさらに拡大し、現代商船の船隊拡張は阻止するという態度を示しているわけだ。

業界関係者は「自分の体はさらに大きくし、現代商船の成長を阻止しているのは対等なアライアンス関係ではなく企業合併まで念頭に置いた行動だ」とし、「韓進海運が潰れたので、現代商船を狙っているようだ」と話した。

 

◇その他のアライアンスへの加盟も容易ではなく、…”2Mと同居長く続かない”

国内業界では2Mの意地悪が続く場合、現代商船が他アライアンスに乗り換える方法も真剣に考えなければならないという指摘も出ている。THE アライアンス(TA)と海運アライアンスへの加盟交渉を進めながら、水面下接触を通じて2MとのMOU締結を電撃発表したのと同様の交渉戦略が必要だという主張だ。

しかし、他の海運アライアンスと加盟と関連した水面下接触を続けて来なかったら、現実的に現代商船は2Mと手を握らざるをえない。船舶の共有などアライアンス会社間の実務交渉デッドラインが切迫しているだけに、現時点で他のアライアンスに一歩遅れて加入打診を成功させることは容易ではないのが現状だ。

現代商船側も「現在としては2M加入以外に他の代案は考えていない」、「2Mと必ず同盟条約を導きだす」と明らかにした。

しかし、2Mと手を握っても協力が長続きしないだろうという見通しが優勢だ。2Mが主導するチキンゲームにオーシャン所属の海運会社でも攻撃的に船舶受注量を増やしており、当分の間、出血競争は不可避に見える。急変している海運業界の力学構図の中で、現代商船もまだ存在を高める機会はある。

現代商船が2M代案として選択できるアライアンスではTAが有力視されている。韓進海運が抜け、世界シェアが16.4%まで大幅に縮小したTAは焦りを募らせた。切迫した生存の脅威に最近日本の海運会社は、コンテナ部門電撃合併を決断した。現代商船はハパックロイド、MOL、NYKなどとG6とアライアンス関係に関係を結んできた縁もある。

業界関係者は「2Mが加入初めから露骨的な牽制に乗り出しただけにアライアンスが長く維持するのは難しいだろう」とし、「弱いアライアンスで船隊を着実に広めていき、影響力を増やしていくのが現代商船にもっと良いかもしれない」と話した。

 

翻訳元記事:news1(韓国語)


なかなか2Mアライアンス加入が正式決定しない現代商船ですが、上記のような事情が本当にあるのでしょうか?あと、文章の内容(言い方/書き方)がいかにも韓国らしいと思いました(苦笑)

TA側としても現代商船にいまさら来られても迷惑極まりないと思うのですが、それでも入れてしまうのでしょうか?海運アライアンスに入れるのでしたら、大韓商船(現在:大韓海運)をTAに入れてあげて欲しいです。

海運アライアンス加入が生き残りの条件だったはずなのになぜ正式加入さえしていない現代商船を生き残らせてしまったのでしょうか・・・本当に韓進海運を潰したのが謎でしかないです。。。

 

【2017年4月以降の海運アライアンス】

アライアンス名 所属会社
2M アライアンス マースク(デンマーク) /  MSC(スイス)
オーシャン アラアンス CMA CGM(フランス) / COSCO(中国) / OOCL(香港) / 長栄海運 Ever Green(台湾)
ザ・アライアンス 日本郵船 / 商船三井 / 川崎汽船 / ハパックロイド(ドイツ) / 陽明海運(台湾)

各アライアンスの所属会社一覧を作ってみました。リンクは各会社のサイトになっております。