韓国大統領府、現代自動車CM受注に圧力(チャウンテク氏受注)

『チャウンテク会社に広告まかせろ』現代自動車に外圧

 

安鍾範(アンジョンボム)元大統領府首席が現代自動車役員に対し、『文化系皇太子』チャウンテク氏が経営する広告会社プレイグラウンドに広告の仕事を出すようにと圧迫した事実が明らかになりました。

 

検察は安前首席が昨年現代自動車の役員Aさんに電話をかけて「プレイグラウンドが現代車の広告を取ることができるように気をつかってほしい」と要求した情況をとらえました。

 

実際、現代自動車は、安前首席の要請の直後、マーケティング会社であるD社を通じてジェネシスのバーチャル広告とi30紙面広告などを車さん会社に任せました。

 

検察は当時、広告執行の関係者から書面陳術書と関連資料を提出してもらって検討作業に着手しました。

 

翻訳元記事SBSニュース

先日お伝えした「現代自動車CMへの入札割込介入疑惑」が疑惑ではなく、事実になってしまいました。
他の疑惑も事実になってしまうのでしょうか。嫌な予感しかしてこなくなりました。

 

【補足】
ジェネシスとi30は現代自動車の車名です。

バーチャル広告というのは、こちらの動画に掲載されているような広告のことです。


日本でもネット広告ウザイ!!と言われております(汗)が、韓国と中国のネット関係は広告で溢れかえっていて、広告を触れないで過ごすのが難しいくらいです。